節約暮らしと育児

【節約】車のバッテリー交換費用を持ち込みで安く済ませる方法

節約
この記事は約8分で読めます。

自動車のバッテリーそろそろ交換時期だな~。なるべく安くやりたいけど、車の事って全然わからないからな・・。

と思ったことはありませんか?車のメンテナンスのことって、まったくわからないから結局「いつものところ」ですませてしまいがちですよね。

もけ
もけ

条件を満たすお店を探したい。自分だけでなく家族の命も乗せて動く車、なるべく安く安心にメンテンナンスしたいですよね。

今回は、車のメンテナンスの中でも「バッテリー交換」についてお得に安心して交換できる方法をご紹介します。

もけ
もけ

実際に「私が実践した方法」をご紹介します。

スポンサーリンク

車のバッテリーの交換時期の目安は?

車のバッテリー交換時期は、推奨されているのは2~3年または車検ごとと言われています。

実際の平均的な寿命は、2~5年だそうです。

しかし、異常もなく車検も通っていれば、費用をかけて交換なんてしませんよね。

最近のバッテリーは寿命が尽きるギリギリまで走れるそうで、急なバッテリートラブルで寿命に気が付く人が多いらしい。JAFのロードサービス出動理由の上位にも、バッテリートラブルは必ず入っているとのこと。

バッテリー交換の前兆(サイン)

こんな症状が出てきたら、バッテリーの寿命がそこまで迫ってきています。

  • エンジンの付きが悪くなった
  • アイドリングストップしなくなった
  • ウィンドウの開閉の速度が遅くなった
  • スピードメーターが表示されなくなった
  • 複数の警告灯が点灯し始めた

1つでも当てはまることがあれば、とりあえずディーラーやスタンドへ行き、点検してもらうことをオススメします。

 

バッテリーを自分で用意し持ち込む方法がオススメ

実際に交換しようと思っても、気になるのは「どれくらいお金がかかるのか」ですよね。

ずばり、一番安く済ませることができるのは、バッテリーを自分で用意し、持ち込みで取り付けてもらう方法です!

自分の車に「適合するバッテリーの調べ方」や「バッテリーを選ぶ際のポイント」「持ち込み取付対応店と工賃」を順にご紹介します。

適合するバッテリーを探す

バッテリーはカー用品店ネットで購入することができます。

まずは、自分の車に合うバッテリーをしらべます。
  1. 車検証で、自分の車の車種、型番年式を確認します。
  2. 車種や型番・年式から、ネットで「バッテリーの適合表」などを使い調べます。

▼見やすい適合表を載せているサイトがあったので、参考にしてください。

アイドリングストップ車のバッテリーは、年式や車種により、1個の場合と2個必要なものがあるらしいので、そこもあわせてチェックします。

バッテリーを選ぶ際のポイント

バッテリーを選ぶ際は、以下の4つを意識して選ぶといいです。

  1. バッテリーの価格
  2. 車との相性
  3. バッテリーの性能
  4. バッテリーの寿命
もけ
もけ

古いバッテリーの処分は有料なので、無料で古いバッテリーを回収してくれるショップで購入するのがオススメです。

 

日産セレナ(C26)の場合

セレナとの相性がよく、ネットでも高評価だったので私は「パナソニック CAOS」にしました。楽天やAmazon、ヤフーショッピングなどで購入できます。

持ち込み取付対応店と工賃

実際に問い合わせをして、「持ち込み交換可能」と回答があったお店です。※2021年6月時点の栃木県宇都宮市調べ。

【日産セレナの場合】
  • 日産ディーラー       工賃:3,000円
  • カー用品店 イエローハット 工賃:1,000円
  • カー用品店 ジェームス   工賃:2,000円 

基本的に、自分で用意したバッテリーが適合しなかったり、不具合があった場合の責任は取ってはくれないのできちんと確認の上購入しましょう。

ディーラーで持ち込み交換ができる!

先に書いた通り、日産のディーラーで、バッテリー持ち込みによる交換が可能でした。工賃も、カー用品店とあまり変わらない。

お住いの店舗が可能かは、ご確認いただいた方が良いかとは思いますが、ディーラーで商品を買わずバッテリーを交換してもらうことができるんですね。

わたしは、結局「ディーラーでの持込交換」をしました。

かかった料金は、バッテリー代も含め「約25,000円」ほどで済みました。しかも、旧バッテリーも無料で引き取ってくれました。

まとめ

なぜかいつかの海の写真

車のバッテリー交換費用を安く抑える方法をご紹介しました。

結論、「バッテリーを自分で購入し、ディーラーへ持ち込み交換してもらうのが一番お得!」ということです。

最近の車は「コンピューター制御」なので、自分で交換するのがなかなか難しくなりました。リスクも高いですからね。

家族や友達、恋人を乗せて走る車。何かあってからでは遅いので、ディーラーで交換してもらえたら1番安心ですね。

スポンサーリンク
くぅをフォローする
くうなび

コメント

タイトルとURLをコピーしました